岩倉建設株式会社

社員の声

平成27年入社 本社土木部工事課 河合北見工業大学卒
当社を選んだ理由

まず、この業界を選んだ理由としては、「地図に残る仕事」がしたかったという前提があります。自分が手掛けた橋や道路を実際に自分の車で走るってどんな気持ちなのか?それを知ることができる仕事をしているのが当社です。また、北海道での就職を希望していたこともあり、道内をメインに数多くの仕事に携わり実績のある当社を志望しました。

私の仕事

施工管理の仕事をしています。おもに工事全体の進行をマネジメントする、といった仕事です。建設現場では多くの危険が潜んでいます。まずは「安全」を第一に工事が進むことを考え、発注者・設計者に対して満足していただく「品質」を確保するための工夫をしています。そしていかに遅延なく「工程」を進めるかを話し合いながら作業し、わたしは「安全」「品質」「工程」の三つの管理を常に心がけながら日々努力しております。

仕事を通じて嬉しかったこと

この会社を選んで実際に地図に残る仕事に携われたことが嬉しかったです。「これは自分が手掛けた」と胸を張って言えるため、わざわざ車を走らせ友人たちに自慢したこともあります。また仕事を通じて多くの人たちと出会えるため、毎日が楽しく、飽きることなく仕事ができるのは、私にとって「やりがい」のひとつです。

仕事を通じて辛かったこと

入社したころは当然に右も左もわからない状態です。しかし現場では「新入社員だから」という言い訳はあまり通用しません。そんな中で作業員の方に作業内容を質問されたときに答えることができなかったのがつらかったです。会社の先輩と同じ作業服をきて仕事をする以上、岩倉建設の社員ですから「新入社員だから」なんて甘えはすぐに取り払わないといけないことだと痛感しました。

失敗談

仕事上の失敗談ではないですが、ひとつの現場をやり終えると、とてつもなく開放感に襲われ、ついつい財布の紐が緩んでしまいます。一目惚れした車を購入したり、すぐに飽きるとわかっているのにデジタル一眼レフのカメラを購入したり、ただ飛行機に乗りたい一心で、なんのあてもなく本州へ旅立ったこともあります。大きな仕事をやり遂げると、気持ちも大きくなりがちですが、羽目を外すのもほどほどにしたいと思います。

職場の雰囲気

上司・先輩とも、とても丁寧に仕事を教えてくれます。また、自分の意見を積極的に発言できる環境があります。趣味の合う上司や先輩もおり、とてもよい雰囲気で仕事をすることができます。

就活学生へのメッセージ

就職活動は、自分自身の目的や目標を明確にして取り組んでください。建設業以外も共通して言えることですが、「これがやりたいからこの会社に入りたい」や「将来こうなりたいからこの会社に入りたい」といった働くことに対するきちんとした動機がないと長続きしないと思います。施工管理の仕事は、決して楽な仕事ではありません。しかし、「やりがい」に満ち溢れた仕事であると胸を張って言えることは間違いありません。この「やりがい」を就活中の皆さんと共感しあえることができればいいな、と思いながら納得のできる会社にであえることを願っています。

一覧ページへ戻る